新サービスの紹介

1.電子図書館サービス開始

通常の本に加えて電子書籍を所蔵することになり、それぞれの利用者ポータルから電子書籍サービスの利用が可能になりました。「KinoDen(キノデン)」と「LibrariE(ライブラリエ)」の2つのサービスの電子書籍の閲覧貸出が可能です。

「利用者ポータル」にログイン(ID:利用者カード番号、パスワード:西暦生年月日)して「利用照会メニュー」で2つのサイトへアクセスして検索、利用をしてください。

また、利用者ポータルにログインしている状態であれば、資料検索画面からも検索、アクセスが可能です。

LibrariE(ライブラリエ)については、

https://www.d-library.jp/araolib/g0101/top/

上記のアドレスで直接ログインすることもできます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2.視聴覚コーナーの新設

視聴覚コーナー3ブース新設しました。館内のDVD・CDの視聴が出来ます。おひとり様1日1タイトルの利用が出来ます。

3.データベースの閲覧

1)ジャパンナレッジLib
70以上の辞事典、叢書、雑誌の横断検索ができます。

2)朝日新聞クロスサーチ
朝日新聞の明治創刊号から今日までの記事の検索・閲覧ができます。記事の切り抜き・紙面イメージも見られます。

3)ヨミダス歴史館
明治からの読売新聞記事1400万件以上を検索・閲覧できます。

4)日経BP記事検索サービス
「日経ビジネス」など日経BP社が発行する雑誌のバックナンバー記事を検索・閲覧できます。

5)東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー
「週刊東洋経済」「会社四季報」「就職四季報」など、東洋経済新聞社の経済・ビジネス・企業情報誌を検索・閲覧ができます。

4.スマートフォンやマイナンバーカードでの貸出

スマートフォンやマイナンバーカードでも利用者カードの代わりになる機能が増えました。利用希望の方はカウンターまでお問合せください。

新図書館になってルール変更したことについて

荒尾市立図書館は、リニューアルに伴い利用者の方々にさらに充実したサービスの向上を図るために、一部規則の変更追加を行うことといたしました。

1.1冊でも延滞資料があれば、新規貸出、継続、予約、お取り置きをすることが出来ません。
これまでは、延滞資料があっても10冊までは貸出をしたり、継続、予約、お取り置きをお受けしておりましたが、これからは利用者の方々に平等で公平なルールの元、新図書館を運用させて頂きたく、また、多くの皆様が資料の利用できますように、変更させていただくことといたしました。

2.利用者カードを忘れた方も貸出が出来ます。
利用者カードを忘れた方の貸出が出来るようになります。身分証明書提示と「利用者カード不携帯貸出申込書」にご記入をお願いします。また、スマートフォンで貸出もできます。

規則変更に関してはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

モバイルサイト

本をさがす

開館時間・休館日

開館時間
  • 午前10時~午後8時
休館日
  • 整理休館日毎月月末(ただし土日祝除く)
  • 特別整理休館日(2月頃)
  • 年末年始

Copyright (C) 荒尾市立図書館 All Rights Reserved.